<< TFTWブログ更新キャンペーン... 早稲田祭お疲れ様でした! >>

TFTWブログ更新キャンペーン~引き継ぎ編~

みなさん、初めまして。
あけましておめでとうございます♪
TFT Waseda新代表のはせです!(^0^)/

今年でTFTWは4年目を迎えます。
そして、3年生から1・2年生に引き継ぎを行い、”新制TFTW”として活動していきます!
これからもTFTWをよろしくお願いしますm(_ _)m

少々堅苦しくなりましたが、今後はブログなどwebを活用して、よりTFTWの活動を積極的にPRしていく意味でも、
「TFTWブログ更新キャンペーン~引き継ぎ編~」と題して、
メンバー紹介も兼ねて“新制TFTW”を担っていく1・2年生全員がそれぞれ今年1年の意気込みを書いていきます。

まずは、僕から!!!

今年1年の目標は・・・
「TFTを通じて学生に“食の大切さ”を意識してもらうこと」です。

 TFTの仕組みで素敵なところは、「アフリカの子供たちに給食を届ける」だけでなく、
「TFTメニューを食べた人にも健康を届ける」という“世界の食の不均衡”をまとめて解決できる点です。
しかし、残念ながら学生に関していえば、「健康」や「ヘルシー」というのはあまり魅力的になりにくい現状があります。

 僕は、高校時代に入院した経験から「食の大切さ」を人一倍意識する機会がありました。食事は単に空腹感を満たすだけではなく、食事によって心理的・精神的な充足感も得られます。また、食生活によっては健康状態にも大きく影響することから、予防医療の面からも食事が注目されています。しかし、学生の多くは金銭的な理由や満腹感重視の傾向から、バランスの取れた健康的な食事を摂ることが少ないように思えます。
一方で、ここ数年問題視されている「メタボ」も学生時代(20代前後)の食生活に原因があると言われています。
みなさんは、日々の生活の中でどれくらい健康のことを考えて食事を摂っていますか?

 TFTの活動では、アフリカの子供たちに給食を届ける意義を積極的にPRしています。しかし、「食の大切さ」を意識するのはアフリカの子供たちに対してだけで良いのでしょうか。「健康」は当たり前のことではありません。たとえ、大学生活の中でTFTを知っても「アフリカに給食を届ける」という一側面にしか注目されず、自分たちの健康がなおざりにされてしまうのは良くありません。僕は大学生の活動として、学食や近隣カフェへのTFT導入を通して、アフリカだけでなく、自分たちの食生活を改めて考えるきっかけを提供していけたらと思っています。1食でも多くの給食をアフリカの子供たちに届けると共に、学生に1食の大切さを知ってもらえたら嬉しいです!

 そして、その目標達成の最終形として、どうしても実現させたいことがあります。
それは、「早稲田大学高等学院の生協にTFTを導入すること」です!
こういった「食」に対する意識というのは、日頃の生活環境に大きく依存すると思います。なので、高校生という食欲旺盛な時期に「食の大切さ」をきちんと考えて欲しい!そして、そういった機会を提供できるように頑張っていきます。
TFTという素敵な仕組みをより多くの人たちに知ってもらうために、次世代の地球を担っていく高校生に「食の大切さ」、「世界の食糧問題」を伝えていければと思います。

長くなりましたが、僕の目標は以上です。
この目標を達成すべく、今年1年間頑張っていきたいと思います!



to be continued・・・
[PR]
by tft-waseda | 2012-01-01 00:00 | 自己紹介☆
<< TFTWブログ更新キャンペーン... 早稲田祭お疲れ様でした! >>